京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2008年07月05日

親の認知を認めるとき

父がトイレに間に合わない理由のひとつに、認知の進行があげられていました。
皆さん、家族がなかなか認めないものだとご存知なので、遠慮もされていたのでしょうが、
もうひとつ、ピンときませんでした。

でも、ある夜、父の所に訪問すると、部屋の中は大変暑く、父もパジャマの下に着込んだシャツを脱ごうとしているのですが、無理があるのです。
つまり、寝たまま、パジャマを着たまま、シャツを引っ張って脱ごうとしていました。

起きないと無理と言うと、いつものように起きれないといいましたが、どうも、起き方が時々判らなくなってきているようです
今までは単に甘えてのことだろうと考えていましたが、それだけではないのかもしれません。
流石に、認知を実感しました。

  » 続きを読む


Posted by tao  at 00:15Comments(0)実家の父の話

2008年06月29日

水分摂取量を増やしたい



これは、ペットボトルのカバーです。
入れるとこんな感じですICON32



母は、ディサービスでお茶をあまり飲まなくなりました。
なにがということは、ないらしいのですが、これから暑くなるのに、水分摂取がすすまないのは心配です。
お願いして、飲み物の持参を許可していただきました。

  » 続きを読む


Posted by tao  at 00:42Comments(0)母の話

2008年06月27日

父の新車 手押し車

このごろ父は夜トイレが間に合わなくなってきていました。

加齢で、夜中に何回もトイレに行くのですが、行きたいと思ってから起きあがるまでに30分以上かかるので、間に合わないのです
理由は、灯りをつけるまでに時間がかかり、そして、起き上がるのにまた、ものすごく時間がかかるのです

父はヘルパーさんに起こしてもらうようになり、椅子の立ち上がりも起こしてもらいだしました。
それではますます父は自分で起きれなくなるので、ヘルパーさんに止めてもらうよう頼んだりしました。


  » 続きを読む


Posted by tao  at 22:55Comments(4)実家の父の話

2008年06月08日

漢方薬を飲ませたい 介護保険指示医

訪問看護婦さんをお願いしていなければ、話は簡単です。
けれど、看護婦さんと言うのは、指示を受けるお医者さんの元に医療行為を行われるため、メインになるお医者さんが必要です

父には漢方薬をつづけさせたいので、二軒の医院のどちらかに絞るとなると、漢方も普通のお薬も出してくださり、検査機器も揃っている新しい医院にするのは、やむをえないことです
でも、絞りずらかったのは、義母が古い医院でお世話になっているからです。

義母は介護度四ですが、一人で立つことも出来ないので、何かあれば往診してくださる、従来の医院にお願いするしかありません。迷って訪問看護ステーションに電話すると、
「父は漢方が合っているので、それでやってみます」
で、移ればいいと言われました。

  » 続きを読む


Posted by tao  at 11:02Comments(0)介護生活

2008年06月07日

漢方薬をのませたい 効果は顕著でしたが

父は、とても寒がりで、夏でもクーラーを嫌がるんです。
もっと若い頃からそうでした。

今は、ワンルームマンションに独居で、不安から窓を閉め切っているのですが、それでも、クーラーは寒いとつけないicon10
去年の夏は、なんとか、クーラーをつけさせようと努力して終わりましたが、今年は違う発想でいきます。
つまり、体質の改善です。  » 続きを読む


Posted by tao  at 00:35Comments(0)介護生活

2008年06月03日

高齢者の外食

近頃三人とも外出、外食をローティションでしています。

そのうち、共通項をひとつ、気が付きました。

「待てへん!」

美味しいものを食べたいとか、本格的なところに行きたいとか、いろいろありますけど、そういう願いをかなえる前に大事なことは・・・

早く持ってきてくれるところ、待たせないところ

雰囲気の良い、そういうところを幾つか持っているといいみたいですね。

今のところ、大丸さんの大食堂は、早いし、いろいろ選べて、おうどんもハーフサイズがあったり、親切です。

バーミヤンもよかったです。

  


Posted by tao  at 00:07Comments(3)介護とは

2008年04月09日

美容はケア!!

年末のばたばたが終わって、母のところを訪問すると、母がさらに体重が落ちているのに気がつきました。
今までは、痩せたと言っても、ほっそりの範疇でしたが、今では胸のふくらみもまったくなくなっています。
あわてました。

食事は、進んでいるといわれます。
今まではプランの中に、食べないときは後で部屋ですすめるなどが書いてありましたが、本当に、そうしていただけているのかと、不安になるような要素が、今のあのグループホームにはあります。

  » 続きを読む


Posted by tao  at 23:36Comments(1)実家の母の話

2008年04月08日

かるい茶碗・湯のみ



これは、重さが100g
とても軽いのですけど、ちゃんと陶器、有田焼です。

高齢者は重いと辛くて、食事がすすみません。
けど、プラスチックは汚くなるし、味気ない。
これは、いいでしょう。

伏見、大手筋の「わかよし」で見つけました。  


Posted by tao  at 00:56Comments(0)介護便利グッズやお店

2008年04月03日

配食弁当の利用

父の介護を今の事務所ではいけないと思ってはいたものの、いくつかのきっかけがなければ、踏み切れませんでした。
その、ひとつのきっかけが、黄色く変色して粒も潰れ、臭いの入ったご飯でした。

新しいケアマネは、食中毒も怖いから、配食弁当を利用しようと言われ、お試しで使ってみると、父も完食で、値段もりこうだつたので、言う事なし・・・のハズでした。

ところが、配達の時間がばらばらなのです。
四時半だったり、六時過ぎたり・・・
ケアマネのプランでは、食事がひとりではすすまないので、ヘルパーさんが用事をしながら見守り、服薬確認をして、歯磨きまで、なのですが、来るのが遅くては、時間までになにもできません

ケアマネが時間について注文を出すと「無理。嫌なら止めて」だったとか。
他の業者についても、配送時間からずれていたり、高い割りに内容がイマイチだったり、早い時間の配達で食べる頃には冷たかったり、なかなかうまくいきません。

こういうお弁当のもっとも多い利用者は、独居の方、歩行が不自由だったりされていると思います。
結局、皆さん辛抱されているって、ことですか・・・
  


Posted by tao  at 23:11Comments(0)実家の父の話

2008年03月31日

ディサービス変更 決定しました

父にとってなんとなく、決められて行かされていたディサービス。
それを、行く回数からどこに行くかまで、自分の好きなように決めていいと言われた事は、父にとって、大変だけど、よい刺激だつたようです。

結局、以前からお世話になっていた小規模の方のデイサービスに絞る事になりました。

私的には、入浴の介助と見守りがきちんと行われていることは、安心ですし、
体操があるのも、父の筋力低下防止に有意義だと思っています。

父は、つねに職員さんの声がけと見守りがあるのが、嬉しいみたいです

ただ・・・一番最初からお世話になっていたディサービスを、止める事になってしまいました。
大規模なので、手が回りきらないところがあるとは言え、感謝していますので、皆さんとお別れするのは寂しいことです。
まして、父の心境は・・・と思います。

介護の世界には、お別れがつきもの。
よい顔ばかりしていては、親を守れません。


でも・・・いつも優しく私の相談に乗って下さったKさん、本当に感謝しています。
父が脱水症状を起こしたとき、介抱してくださった看護婦さん、お世話になりました。
こんなことして、ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。  


Posted by tao  at 23:50Comments(0)実家の父の話

2008年03月27日

ディサービス変更 その二

新しいケアマネさんのお勧めで、お試しで行かせてもらうのは、二軒でした。
二つに共通するのは、新しく出来たディサービスであること、そのため施設も最新であり、サービスも新しいものを取り入れていることです。
最近の傾向として、夕食を希望に応じてお弁当を用意してくださるサービスもあるそうで、どちらも、行われていました。

ひとつは、大型で全国に展開されているところで、設備も非常に立派であり、岩盤浴があったり、足底マッサージがあったりICON59
もうひとつは、小規模でお料理が板前さんが作られちゃんとした食器に盛られているもので、行き届いたサービスが受けられる事が特徴でした。

自分の判断で、今後デイサービスを決定できるとあって、父はガンガンに緊張していました。

  » 続きを読む


Posted by tao  at 23:42Comments(0)実家の父の話

2008年03月23日

ディサービス変更 その一

新しいケアマネさんが直ぐに手を付けられたことの一つに、デイサービスの変更があります。

今現在父は二箇所のディサービスを利用しています。
一つは40人定員、リクレーションも盛りだくさんのところです。
はじめは、ここ一軒でした。
利用回数も一回から二回、三回となったところで、訪問看護婦さんからもう一軒の利用を勧められました。

理由は浣腸です。
父は訪問看護婦さんから週に一回、医療用の浣腸を受けています。
毎日下剤を飲み、マグネシウムを朝夕二錠ずつ飲んで、週一回の浣腸では排便がコントロールできていません
原因は薬の飲み忘れですicon15  » 続きを読む


Posted by tao  at 22:02Comments(0)実家の父の話

2008年03月18日

今更ながらの反省・・・

両親と義母の介護をしている関係から、いろいろなヘルパーさんと会います。

父の介護事務所を今月から替えました。
ケアマネも替わり、ヘルパーさんも替わります

今は、父のあらゆる状態を把握されていることころで、様々な指摘があります。
以前の事務所のこともありますが、私もことも言われます face07

昨日は、父の部屋の模様替え。
動線確保のためだそうで、朝来られたので挨拶に行ったら、捕まってしまい、結局夜まで・・・ icon10

  » 続きを読む


Posted by tao  at 21:14Comments(0)実家の父の話

2008年03月10日

救急車!!

朝九時すぎ、父のところに行かれたばかりのヘルパーさんから
父がベットから落ちているので直ぐ来てくれって ICON40

簡単に落ちているくらいだろうと思って行ったら、なんだか火曜サスペンス劇場の死体みたいな格好で倒れていた・・・
頭は床に、足を手すりに挟まれて ICON62

  » 続きを読む


Posted by tao  at 22:40Comments(0)実家の父の話

2008年02月28日

こんなんで食べれへんやろ

 

父を診察に連れて行った後、部屋の中をじっくり見る機会がありました。

これは、ひさしく洗っていないしゃもじ。
ご飯がこびりついてカラカラに乾いています。

これは、ご飯。
いつ炊いたのかもわかりません。
色は炊き込みご飯と間違えるくらい。
ずっと炊飯器で保温したままで、固くなると水を加えていたので、ご飯粒は潰れて糊状・・・

父が食欲が無くてご飯を食べないのじゃなくて、こんなんでは、食べれへんやろぅicon08
  


Posted by tao  at 00:01Comments(0)実家の父の話

2008年02月13日

犯人は君だ

ここのところ、父のところにディサービスの送り出しに訪問したホームヘルパーさんは、毎朝父に

「寒うて、ねてられへんかった。
これは、なんかの嫌がらせかICON35

と言われている。
エアコンが切れて寒いのです
タイマーで切れるように、間違って設定しているICON36

とりあえず、帰宅前に一度連続で運転してもらい、夜中に確認に行く。

やっぱ、切れているICON35

父が切っているのです。
WHYICON36

暑すぎて無意識に切って、寒くなったICON36
寒くて温風とは感じられず冷風と思って切ったICON36

ホームヘルパーさんに設定温度を聞いてみました。
21℃

う~ん、ちょっと低いかも~

母は、全然寒がりではないけど、23℃
父はバリバリ寒がりなんだから、25℃くらいでも・・・

訪問看護婦さんに相談し、設定を変えてみたら・・・

ICON63

久しぶりによく寝れたそうですface02

こんなことを、一緒に問題視して、対策を考えてくれるヘルパーさんやケアマネを求めて、事業所を替えることにしました。  


Posted by tao  at 00:27Comments(0)介護生活

2008年01月24日

大きな違い

その日はテレビの撮影が入っていて、さっと映るくらいのものだけど、あらかじめお話をきいているので、きちんと準備しておかなくてはと急いでいる最中に、その電話が掛かってきました。

父のディサービス送り出しのヘルパーさんです。

「トイレが詰まって水が溢れています。」

「お父さんがパンツを流されたようです」

「水が溜まって、このままでは下にもれるので、追加30分で私が掃除します」

そういわれてはお願いするしか・・・
私はお客さんが次々来られて行けないし・・・
でも
介護の話だからケアマネに報告しないと・・・

  » 続きを読む


Posted by tao  at 00:21Comments(0)介護生活

2008年01月20日

猫はかすがい?

義母が腰が痛いと言い出して、ディサービスに行かないとか、食事もいらないとか
でも、抱えて歩くと痛みは訴えられない。
椅子に座っていても大丈夫。
食事も並べれば食べられる。
痛いって、本当?

慣れたヘルパーさんが居なくなって、ちょっと不安定かも。
ご飯ひとつにしても、食べやすいと食べにくいとある。
Kちゃんはお洒落してお出かけさせてくれたけど、新しい人は、30分しかないから、送迎だけで精一杯。
いろいろ不満が積もり積もっているのかも。でも
「やっぱ、整形連れて行かなくちゃならないだろうなぁ」

仕事を途中で切り上げて母を迎えにいくと、案の定、てこでも動かない様子。
起きるのが面倒、痛い、鎮痛剤さえ貰えればそれで済ませたい・・・ でも、骨にひびでも入っていたら ICON62

七時半までに連れて行かなくてはならない。icon10
パジャマから服に着替えて、車椅子に乗せて、20分かかる道を行かなくてはならない。
起そうとしているうちに、タイムアップ ICON46

の気分で家に帰ると、旦那はICON163をダッコ中。
「なにしてんのよぉ。
マッサージの予約7時40分やのに、今42分やん」
思わず声を荒立てると、旦那が逆切れ icon05

旦那がプンプン出かけてからに、ついつい、ICON163に話しかけた。
face07「なぁ、ICON163はお父さんが好きやから、お母さんがいなくても、大丈夫やね」
ICON163「にゃあ」
face07「お母さん、もう、お父さんと居るの嫌になった。ずっと、三人で居るって言ったのにゴメンね」

すると、ビックリした事に、お気に入りの椅子の上に乗っていたICON163が飛び降りて飛んで来た
ゴンと頭を私にぶつけて、しがみつかれた。
この子がこんなことをしたのは初めて
賢いとは思っていたけど、こんなによく判るとは・・・

それ以来、はうたた寝をするときICON163は、必ず私の足元で寝ている。
家出を警戒しているのか・・・
  


Posted by tao  at 23:29Comments(0)介護生活

2008年01月16日

洗濯物は雄弁です

コムスンが京都はニチイになって二月目です。

結構期待していたのですが、何も変わっていません。

聞いてみると、コムスンがニチイに吸収されたのではないらしいのです。
つまり、ニチイの中に別のファイルを作り、そこに「元コムスン」が存在しているだけらしいのです。
ですから、人事交流も一切ありません。
相変わらず人手不足のままです。
それどころか、もっと悪くなっています

残っていられるヘルパーさんで、訪問しているので、大変きついローテーションを組まれ、その結果体を壊したり慌てて移動中に交通事故で入院したり・・・そして、さらに少なくなっています。
母のところを元旦に入れないと言ってこられたのも、そのためだと思います。

今父のところも母のところも、入院したり辞めたりした人の替りはセンター長さんが入られているくらいです。
センター長さんを含め、社員さんは、休んだパートヘルパーさんの替りに入られるので、どうしても、本人に対する印象が希薄なようです。
流して仕事せざるをえない感じです。

例えば、洗濯物は、持ってこられたヘルパーさんのケアを象徴すると私は思っていますが、朝ディサービスの送り出し時に、枕カバー便座カバーを持ってきた下さり、同じ方が夕方お迎えに来られて、又枕カバー便座カバーを持ってこられるのです。

えっ、デイサービスに行っていたから、朝交換したまま、汚れていないんじゃないんですかね・・・icon10

手拭のタオルは一切持ってこられないとか、そういう洗濯物の中身を見ていると、いかにおざなりなケアか、本人も何も見ていられないケアと言う気がします。

ヘルパーさんによっては、洗濯物とゴミを裸で混同して持ってこられる方、便汚染したものをそのまま持ってこられる方、いかにも不潔なケアしかされないだろうなぁと思ってしまいます。

そして・・・
昨日来た洗濯物は、父が着た衣服のはずですが、なんと、クレープのステテコが入っていましたface08
今一番寒い季節なんですけどねぇ・・・  


Posted by tao  at 15:38Comments(0)介護生活

2007年12月26日

この期に及んで・・・

コムスンが破綻した時、ケアマネに年末年始のヘルパーさんは大丈夫か、一番に確認しました。

答は「早めに言っていただければ大丈夫ですよ
いや、だから、早めに言っているんですよ、今ICON35

  » 続きを読む


Posted by tao  at 23:55Comments(0)介護生活