京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2008年07月21日

介護の沙汰も金次第?

父の支援事務所を変えてから、ケアの時間がどんどん長くなってきています。

朝・夕30分のディサービス送り出し、お迎えだったのですが、父の食事の配膳・見守りを入れられて、一時間ずつになりました。
つまり、ここで、、ですね。

そして、ヘルパーさん不足のためもう一事業所入られて、一時間半でないと無理と言ってこられました。
断れば、出来ないから家族の方で、と言うことでは、断りようがありません
こちらの経済的負担は飛躍的に倍増してきています。


さっきのヘルパーさんが言われていました。
父が食事の最中、横に座って、父の話し相手をしながら、ずっと、嚥下で喉を詰まらせないか、見守ってられるのだそうです
それも、えんえんと、お喋りしながらicon10

それで、父の食事が進むこともありますが、逆にすすまないときもあります。
ヘルパーさんを帰らせたくなくて・・・とかね。
理想は、そうかもとれないけど、そんなひどい嚥下障害があるわけではなく、むしろ、ほとんど、ない。

そんな理想的ケアは結構だけど、こちらの負担は、どうなるのでしょう。
そんなの、結構です、喉を詰まらせてもいいですとは、言えません。
けど、お金は・・・湧いて出てきません。
なんだか、あり地獄に入ってしまった気がします。

助けて欲しいです。

追記

あれから、いろいろ考えました。
在宅介護とは、家族が核になつての支援であるのに、私が三人の介護に振り回されて、父に関しては核になれていない。これが、最大の問題と理解しました。

所詮人頼みの介護であったと・・・
そもそも、これが間違いであったと・・・

やはり、私の状況では、施設に入れるしかないのでしょう。
やっと、方向が見えてきました。

父を施設に入れるまで、できるだけ良い状態を保つこと。
これが、長期的目標。
短期的には、脱水症状をおこさず、この夏を無事乗りきること。

人には性格がいろいろあるから、私は考え続けることで、路を切り開いていくしかないと思います。
失敗ばかりし、時に、介護に携わる方を傷つける発言をしているようで、大変申し訳ないです。
どうぞ、基本的なことを理解していないことからだと、お許しください。


同じカテゴリー(実家の父の話)の記事画像
父の新車 手押し車
今更ながらの反省・・・
こんなんで食べれへんやろ
同じカテゴリー(実家の父の話)の記事
 老健利用 (2009-11-25 00:05)
 父の浮腫み (2009-03-24 23:11)
 親の認知を認めるとき (2008-07-05 00:15)
 父の新車 手押し車 (2008-06-27 22:55)
 配食弁当の利用 (2008-04-03 23:11)
 ディサービス変更 決定しました (2008-03-31 23:50)

Posted by tao  at 16:56 │Comments(2)実家の父の話

この記事へのコメント
taoさん お元気ですか?あんこです。
舅が退院しバタバタして、早くも疲れるが…甘いて怒られちゃいますか
舅の退院目標「身の回りが自分で出来るように」でしたが退院した舅は、介助なしでは、全て危ないです。しかし老健の話もなく、「少しでもご家族さんとの生活を」とのみ。年齢的に体力的に現状維持も難しい、低下していくだけだそうです…病院から出たと喜びより不安が大きいみたいで、日に日に弱って行ってるようで…。家族で見ると言っても仕事や学校やらで、結局私一人…デイサービスも退院したばかりと言うのと、気分がすぐれない…私もすぐれません何とかデイサービスでも行けるようになるといいのですが。どうしたら、どうしたら ばかり考えてしまい不眠気味。気合い入れます
taoさんも 大変そうですが お体気をつけてください。
Posted by あんこ at 2008年07月29日 01:49
あんこさん

退院されたんですね。
私も、いろいろ考えて又改めて書きますね。

叔母は腰の骨折で、救急で入ったため独居なのに十分回復しないまま退院させられ、その夜転倒して今度は両手首の骨折、そのまま認知への道をたどりました。

うちの母にしても、病院はベットを空けたい一心のように退院させますが、その後は・・・
あんこさんがおっしゃるのも、もつともです。

なんとか、デイサービスに行ってもらえるといいですね。うちの義母は、食事とおやつ以外は寝させていただいたので、安心して行きだしたのですよ。今はまったく横になりません。
なんとか、そういう理解を示してくださるディサービスをケアマネに見つけていただき、お試しで行ってもらえたらいいですね。

又、リハビリを中心にするディケアもありますし、老健のショートステイもありますよ。
このブログの左の下のほうに、私にメッセージを書こうと思われるならそういうルートがあります。
なんでも、聞かせてくださいね。
Posted by taotao at 2008年07月30日 00:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。