京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2008年07月21日

手押し車 その後

手押し車は買ったものの、いまいち、のようです。

あの椅子は、父の身体では、一度座ると介助があっても立ち上がりが大変のようです。
結局座らないようです。

また、座ると、そのまま押して欲しくなり、どうして出来ないと言うようです。

男性の外出介助も入ってくださっているので、父が歩きたいという希望もあるので、歩かせて欲しいのですが、実際は車椅子でグルメシティに行き夕食の弁当を買うのみの外出がほとんどです。
なかなか、使ってもらえません。

買わなくても、よかったかも・・・です。


タグ :手押し車

同じカテゴリー(介護便利グッズやお店)の記事画像
外食用エプロン紐とハサミ
オムツラインナップ ニューフェース
かるい茶碗・湯のみ
冬用靴下
便座カバー
同じカテゴリー(介護便利グッズやお店)の記事
 外食用エプロン紐とハサミ (2009-09-17 23:53)
 オムツラインナップ ニューフェース (2008-08-03 12:07)
 かるい茶碗・湯のみ (2008-04-08 00:56)
 冬用靴下 (2007-10-22 23:55)
 母のオムツ ラインアップ (2007-06-05 22:37)
 便座カバー (2007-04-24 23:58)

Posted by tao  at 16:40 │Comments(4)介護便利グッズやお店

この記事へのコメント
こんばんは。以前 手押し車購入の事をお聞きした あんこ です。凄く良さそうな手押し車なのに…本人が歩きたい、家族が歩かせて欲しいと思っても、時間がかかるのかすぐ車椅子を使われてしまいますよね。舅の入院先の看護士さん達、凄く優しいのですが、ヨタヨタ歩こうとすると ハイハ~イと車椅子を…好意を無にする訳にも行かず、たった数メートルのトイレにも運んで行って貰える。もう退院なんですが私には、不安がいっぱいです。トイレに間に合わない…本人も不安そうです。何事も舅嫁なんで気遅れします。あ!肝心な事。手押し車リースで決めようと思います。アドバイスありがとうございました。長々とすみません。今後もよろしくお願いします(^^)
Posted by あんこ at 2008年07月21日 23:21
あんこさん、ありがとうございます。

実家の母は嚥下障害で入院したのですが、膀胱炎を併発していてしばしばトイレに行きたがります。
なにしろ、しばらく物を食べていないのでふらつくから、一人で行かれると転倒の不安があるし、たびたび介助するのは、看護婦さんも多忙で困る・・・結局、車椅子に縛られていました。

結局介護も、それぞれの都合で決まりがちです。
お舅さんも、自宅で困ることなど、配慮してもらえていません。
病院での事故の責任回避と、ケアの効率化では。
ですから、もし、できることなら、老健と言う、日常生活が自分で行えるまで見守る施設や、リハビリ病棟に移れたら、問題解決につながるのではと思いますよ。
Posted by taotao at 2008年07月21日 23:31
早々のお返事ありがとうございます!施設関係は、寝たきりになられたら私一人(ヘルパーさんを頼んでも)では、無理だからその時は、施設を考えてくれと主人には、言っているのですが。退院も もっともっと早い時期から言われていたのですが、高齢なので「何もかも不安だらけで無理です(本人が)」とお願いし、ある程度身の回りの事が出来るのを、目標にと今まで入院していましたが、なんせ高齢な為積極的治療もする事なく、ただ本人と家族のタイミングで退院をと。「少しでも家族さんとの時間を」と言われる位、いつ容態が悪くなるかもしれない、今は数値的には、比較的安定現状維持。それを漠然と舅は、感じ取ってる様で、長年住み慣れた家を離れ 環境違いの多い同居 舅嫁の気遣い…退院は、舅に取って良いものなのか…考えてしまいます。Taoさんの日記を始めから読ませて頂いてます。右往左往悪戦苦闘…大変ですね。参考になる事多々あり、有り難いです。Taoさんもお体大切に。
Posted by あんこ at 2008年07月22日 00:42
あんこさん

施設はずつと預けるものばかりではありませんよ。
私のお勧めしている老人保健施設とは、(たぶんこの名前で合っていると思うんですが)病院は退院したものの、元の家で生活する自信がもてない人に、トレーニングさせるところらしいです。

ですから、歩行が不安なら、一週間でも、必要な時間は向こうが出されると思いますが、入られてはと思うんです。
朝、きちんと洋服に着替えるところから、らしいですよ。
病院ではパジャマを着たままですものね。

ただ、お舅さんのお体のほうがどの程度のものかわからないので、こういうものがあるとご紹介したまでです。
うちの義母が腰の骨折でリハビリ半ばで、本人が帰りたいということで退院しましたが、そのときこういうところを勧められたんです。

空きもなく、本人は帰りたがり、結局家ですが、一時寝たきりになって「安らかにお迎えを待つ」と言う時期がありました。
あの時、入っていたら、と思うものの考えだとお聞き流しくださいね。

ご一緒に、一番良い方向を探しましょうね。
Posted by taotao at 2008年07月23日 00:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。