京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2008年07月21日

介護の沙汰も金次第?

父の支援事務所を変えてから、ケアの時間がどんどん長くなってきています。

朝・夕30分のディサービス送り出し、お迎えだったのですが、父の食事の配膳・見守りを入れられて、一時間ずつになりました。
つまり、ここで、、ですね。

そして、ヘルパーさん不足のためもう一事業所入られて、一時間半でないと無理と言ってこられました。
断れば、出来ないから家族の方で、と言うことでは、断りようがありません
こちらの経済的負担は飛躍的に倍増してきています。

  » 続きを読む


Posted by tao  at 16:56Comments(2)実家の父の話

2008年07月21日

手押し車 その後

手押し車は買ったものの、いまいち、のようです。

あの椅子は、父の身体では、一度座ると介助があっても立ち上がりが大変のようです。
結局座らないようです。

また、座ると、そのまま押して欲しくなり、どうして出来ないと言うようです。

男性の外出介助も入ってくださっているので、父が歩きたいという希望もあるので、歩かせて欲しいのですが、実際は車椅子でグルメシティに行き夕食の弁当を買うのみの外出がほとんどです。
なかなか、使ってもらえません。

買わなくても、よかったかも・・・です。  
タグ :手押し車


Posted by tao  at 16:40Comments(4)介護便利グッズやお店

2008年07月12日

ヘルパーさんの駐輪

住んでいるのは、地方都市なりに、ですが、街中です。

ヘルパーさんが訪問されたとき、皆さんICON136は、どこにとめておられるのでしょうか

新しいヘルパーさんが入られるときは、当然ですが、同行されます。
二台の自転車やバイク・・・かなり厳しいです。
余裕の所のほうが、少ないのではないでしょうか。

離れていれば、なんとか確保できるのですが、ヘルパーさんは移動を重ねられるので、ごく近いところでないと・・・
ヘルパーさんによっては、断り無しで、マンションの入り口に駐車される方もあります。

これって、どうなるんでしょうね。  


Posted by tao  at 00:08Comments(0)介護生活

2008年07月05日

親の認知を認めるとき

父がトイレに間に合わない理由のひとつに、認知の進行があげられていました。
皆さん、家族がなかなか認めないものだとご存知なので、遠慮もされていたのでしょうが、
もうひとつ、ピンときませんでした。

でも、ある夜、父の所に訪問すると、部屋の中は大変暑く、父もパジャマの下に着込んだシャツを脱ごうとしているのですが、無理があるのです。
つまり、寝たまま、パジャマを着たまま、シャツを引っ張って脱ごうとしていました。

起きないと無理と言うと、いつものように起きれないといいましたが、どうも、起き方が時々判らなくなってきているようです
今までは単に甘えてのことだろうと考えていましたが、それだけではないのかもしれません。
流石に、認知を実感しました。

  » 続きを読む


Posted by tao  at 00:15Comments(0)実家の父の話