京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2007年07月22日

痙攣 - 追い詰めないで

やっと二週間ぶりの休日icon11
一日14-15時間働いて、介護もして、の二週間です。
もちろん、立ちっぱなし、休憩なし、食事は仕事しながらです


祇園祭は紋日とはいえ、年々こたえ方がきつくなってきます。
あと何年、こんな事ができるのかと不安ですface07

こういう仕事の超忙しい時に限って、介護のほうも大プレッシャーが来るものです。  » 続きを読む


Posted by tao  at 23:59Comments(0)介護生活

2007年07月13日

どうなるコムスン

以前書いていたように、うちはコムスンさんです。
今後どうなるのか判らないまま、来年の春までは現状どおりのサービスが受けられるという紙がきただけで、不安は広がっています。

サービスは同じように続けられているのですが、まず、ヘルパーさんでユニホームのピンクのシャツを着る人がドンドン減ってきています。
車に石を投げられたりするとかで、無用の摩擦は避けたいという事なんでしょう。

今日は、きちんと仕事をされるヘルパーさんが、コムスンを退職して、特養に行かれると挨拶されましたface08
ショックですICON35  » 続きを読む


Posted by tao  at 23:43Comments(0)介護生活

2007年07月08日

うそ泣き

ある日家政婦さんが訪問すると、父が泣いていました。

訳をたずねると、私に叱られた、のだそうです



父が好き嫌いをいったりするので、私が父を叱ったそうです。
父は涙をポロポロこぼして泣くのだそうです


家政婦さんは
「娘さんの言うとおりですよ。
お野菜は嫌いでも食べないといけません。
自分のためですからね」
  » 続きを読む


Posted by tao  at 01:13Comments(0)実家の父の話

2007年07月06日

認知症の椅子

母は、自分の居室にこもりがちです。
で、こもっている時は寝ています。
椅子が無いからです


居室なので一人だから転倒が心配とか、スペースがあまり無い事もあって、動線が変わることを認知症の母が対応できるとか、不安がありながらも、このままではだんだん座位が保てなくなるのではと心配していました。


でも、とりあえずの折りたたみパイプ椅子はよくないと思いますし、よい椅子がないかなぁと書いていたら、こんなところを教えていただきました。

http://www.dermeister.co.jp/

かねてから、日本での椅子や靴は心地よくというところや機能がおざなりで形だけになりがちとは聞いていましたが、本当に椅子って大事なんですねぇ。
徘徊が収まったとか書いてありますよ。

でも、30万とかface08  » 続きを読む


Posted by tao  at 00:02Comments(0)実家の母の話

2007年07月02日

外出成功

認知症で、メンタルで心臓が苦しいと言う母を、気分転換させるために外出させる必要があると考えてはいましたが、実行できていませんでした。

何か、いつまでも宿題をこなせていない子供のようで、気に掛かって仕方ありません。

やっと、今日外出に誘い出し、成功しました!!

と言っても、もの凄く簡単だったのです。
母は歩行に問題はありませんし、グループホームである程度日常生活で自立を促されているため。何でも出来ます。

なんで、いままで、びびって、連れて行ってあげなかったんやろぅ。

一時間半の外出、母は大丈夫でした。
徘徊がなくなっていないとは限らないのと、ふらつきがでてはと腕を組んでいましたが、全くふらつきませんでした。
これからは、母が外出可能と宣伝し、きょうだい、おじたちが、外出させてくださる事を期待します。
あんなに喜んでくれたのだから
  


Posted by tao  at 00:26Comments(0)実家の母の話