京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2007年04月28日

昼夜逆転

今朝ディサービスに送り出すヘルパーさんから電話がありました。
父が、様子がおかしいのです。
一人で立つ事も出来ないようです。
何度も転倒していると言っているとか


どうしよう・・・  » 続きを読む


Posted by tao  at 00:27Comments(0)実家の父の話

2007年04月26日

家政婦さん、来る

日曜日、母のところに家政婦さんが来られる「約束」になっていました。
家政婦紹介所に月曜日電話して、その約束でした。
面接はない、直接当日十時に行くからと、住所、電話番号等聞かれ、時給等についても教えていただいていましたので、まさか、こられないとは思ってもみませんでした。
でも、九時四十五分から待てども待てども、来られませんICON35  » 続きを読む


Posted by tao  at 23:47Comments(0)母の話

2007年04月24日

便座カバー



母をトイレの洋式便座に座ってもらう時、一度でちょうどよい位置に腰掛けてもらう事は困難です。
たいてい、初めに下着をお尻から下にずらしてから、手前に一度腰掛けてもらい、下着を下まで下ろしてもう一度抱えて奥にかけなおしてもらいます。
この時、どうしても、便座カバーがずれるのです


高齢者はたいてい寒がりさんface01
母に冷たい想いをさせたくないと思う一心で、捜していたら、こんなカバーが見つかりました。

便座に張り付くのです。
だから、絶対と言ってよいほど、ずれません。
もちろん、洗濯できます。
コーナンで二枚入り798円



  


Posted by tao  at 23:58Comments(0)介護便利グッズやお店

2007年04月22日

準寝たきり

生命保険のセールスの方が持って来てくださるチラシ
介護の費用の事が書いてあることが多く「介護していながら、することに追われるのみで、訳の判っていない私にはビックリ」の事が沢山あります。


例えば「寝たきり」という単語。
もし、誰かに「寝たきりですか」と聞かれたなら、
私は自信を持って、父も母も寝たきりではないと返事すると思います。

ところが・・・


「寝たきり」
「屋内でり生活は何らかの介助を要し、日常もベット上での生活が主体であるが、座位を保つ」
または
「一日中ベット上で過ごし、排泄・食事・着替えにおいて介助を要する」



えっ、お母さん、寝たきりに入るの!!



「準寝たきり」
「屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出できない状態」


これって、まさに、父じゃないですか。


正直「えっ、そんなに、いっちゃってるの」とビックリしました。
寝たきり」「準寝たきり」という定義づけに当てはまる二人を、元気にとか、人生を楽しんで欲しいとか思う私の方が、無理な事を願っているんでしょうか。便秘だと心配したり、食欲が無いと騒いでいる私って、人から見れば、判ってないってことなんでしょうか。


でも、たとえ沈みかかっている船でも、私は、水をかい出し続けたい。いいえ、まだ、絶対大丈夫なはず、と思っています。  


Posted by tao  at 01:01Comments(0)介護イロハ

2007年04月19日

かやの外

今日は外出で、父の好きなおかずを買ってくださるようにお願いしていました。
ところが、父は引き出しが欲しいと言い、うろうろして、おかずは要らないと買わなかったそうなのです。

外出介護の方からそう聞いて、
「先週、話して、ヘルパーさんが代行で買われた物が気に入らず、傷んで捨てると怒るので、これからは、外出で父の好きなおかずを買ってくださるというお話になっていたのと違うんですかface09

でも、父の意に逆らってこうしようと言うのはとても出来ないと言われ、結局父の今晩と明朝のおかずは無し。
こちらで、なんとか用意しました。

ブツブツ思っていて、ふと気がついたのは、父にこの話をまったく通していなかった事です。
父は早く寝てしまうし、話す機会が本当にありません。
でも、認知が酷いわけではないのに、その話をまったくしなかった、私が一番悪かったと気がつきました。  


Posted by tao  at 17:08Comments(0)実家の父の話

2007年04月19日

父のライバル

今日は「助け合いの会」の方が来てくださる日です。
外出介助をお願いしたら、来てくださったのですが、ご本人は「お話し相手」と聞いて来られたとかICON45
七十台半ばは過ぎてられそう。

食事の時一人だと食事がすすまないので、一緒に居て話し相手をしていただければと話したのが、こういう形になったようです。
ただし、どう聞かれたのか、食事時になると慌てて帰られます。
まあ、父のところに来るのを、ケアとしてではなく、常識的な訪問として捉えられているようでicon10

そういうわけで、外出は、まあ、できればいいと言うことにしました。
父は軍隊のお話を聞いて貰える相手として、嬉しいようなので
あちらさんには、お気の毒な事なんですけどね。

回を重ねると、自信が出てこられたのか、父が外出をしたほうがいいと考えてくださるようになり、手押し車で歩くのを付いて下さる様になりました。
父は、年齢のそうかわらない(???)男性に負けてたまるかと言う気持ちになるのか、甘えず頑張って歩くようです。
男性が老眼鏡無しで読めない文字が読めると得意そうです。

人間って、甘える相手も必要かもしれないけど、こうやつて、奮起させるライバルも必要なんですね。  


Posted by tao  at 15:10Comments(0)実家の父の話

2007年04月17日

家政婦さんに依頼

母は月曜から土曜日までデイサービスに行っています。
ディサービスでも古顔でもあり、もともとお元気な人ですので、行くことはとても楽しんでいられます。
とてもお茶目で冗談が大好きface02
ピンポンパレーではファイトプレー、唄も大好きです。

でも、その分、日曜日がネックです

日曜日はヘルパーさんがお休みの方が多いのです

よい方もいらっしゃるのですが、そういう方は行き先が詰まっていて入っていただけないicon07
母は、独居老人ですから、実際どんなケアをしていただいているのかは、本当のところ判りません。
ただ「全身清拭」と書かれているのにタオルが洗濯物になかったり、お湯の出る蛇口が前夜干したものが張り付いていて使われた形跡がなかったりするとICON36ICON36

外出をすることを約束されて、わざわざ身体介助二時間入っていただいたのに、いざ始まると「拒絶が酷く時間がかかり・・・」で、怪しい全身清拭とトイレと食事のみだったりします。
その食事もすすんでいないのです。

もともとそのヘルパーさんが来られて直ぐ、私が母のところに来たところ、母をベットで刻んだうどんを口に入れてられたのに遭遇しています。
つい先ごろまで、そのヘルパーさんがディの送り出しの食事はケーキとかで、クレームをつけると「素うどん」にface07

もう一人の夜に来てくださっていたヘルパーさんが帰られた直後、母のところに行くとひどく空腹の様子で、母が食べたと書かれていたものは何だったんだろうという経験もあります。icon08
お断りしておきますが、母は曜日が判らなくなる事がある程度で、食事をした直後に判らなくなるということはありません。

他のヘルパーさんが食事をセットされて母が食事をして居るところを写真に撮り、観ていただくようにもしてみました。ICON116
でも、そもそも、なんとか食事をしてもらおうという気持ちと配慮がないのだとしか思えません
社員さんが代わりに入ってくださると、食事どころか水分まで殆ど取られなくなりました
「すすめても飲んでくださいません」だそうです。

日曜の夜は半病人です。
月曜日の朝は気分不良を訴えられます。


掃除はとても出来ないのだそうですface09
お陰で母の部屋は、エアコンを使っているのに埃だらけ。
トイレも下剤を使用しているのにもかかわらず、掃除なし。
コンロも汚れていて綺麗好きの母には気になる様子。

というわけで、ずっと悩んでいたのですが、家政婦さんを日曜日に入っていただくことを試みます

家政婦さんは大体半日とか言う単位でお願いするものだそうです。
ですから、来られて直ぐに母に食事をさせなくても、お掃除などをしていただいているうちに、起きる気になっていくということもあると思います。
その気になってからのほうが、しつかり食べてもらえると思います。

外出も、本人がテンションが上がってからのほうが拒絶がないと思います。
介護保険に縛られないので、お茶をしたければどこにでも行ってお茶が出来ます。
外食だって出来ます。
出来る事の幅が広がる事は、とてもその人を元気にさせると思います。

後は、母との相性のよいことを祈るのみです。  


Posted by tao  at 23:20Comments(3)母の話

2007年04月15日

NGワード

父の所から汚れた洗濯物を持ってこられたヘルパーさんが、しょんぼりされています。

あのぅ

聞いてみると、ヘルパーさんが冷蔵庫に古い日付のきんぴらを発見、ラップを剥がしてみると、ツーンとすっぱい臭いがしたそうです。
これ、古くなっているので食べないほうがいいですね。
捨てさせていただいていいですか
?」
とヘルパーさんが確認されたのは定法どおりだと思います。

それに対して父は、了承はしたものの、不服の様子。
あんたらは勝手に買うてきて、すぐに捨てる。物を粗末にする。」
と言ったとか。

私なら、
食べへん、お父ちゃんが悪い。
もったいないと思うなら、買うてきてもろたもんは、食べたらええのんちゃうか。

と、言うけど、まさか、ヘルパーさんはそうは言えへんですわねぇ。

高齢者の好き嫌いは難しいですね。まして、父の場合は本人も買い物同行は嫌じゃないのですが、ヘルパーさんの時間が足りなくての、買い物代行ですから。
同行で買い物しても、父だけでなく、母も、自分が選んだものを食べないことは珍しくありません
責任追及しても仕方ないですしね。

買ったものを100%食べてくれるべきと言うと、ヘルパーさんは怖くて買い物できなくなると思います。
ロスが出るのは、必要悪では。
そこで、ロス回避を兼ねて考えました。

捨てるといわずに、私のところに持っていくと、話してはどうでしょうか?
高齢者は、カビが生えたものでもなかなか捨てないものです。
物を大切にするのは美徳ですけど、傷んだものを食べるのは危険ですし、もったいないという気持ちを尊重してやって、捨てると言わない。
つまり、捨てるはNGワードなんですよ
。」  


Posted by tao  at 00:57Comments(0)実家の父の話

2007年04月13日

知らない父の顔

デイサービスから父の写真を戴きました。
いろいろなイベントをしてくださるので、その折の写真です。

早速、拝見しました。
スイカ割り、餅つき、和菓子作り、鍋パーティ、等々

でも、気がついたのは、父が私の知らない顔をしていました
ディサービスは父にとって一般社会。
子供に向けるうちとけた表情ではなく、しっかりした顔でした


ホッとしたり、寂しかったり。  


Posted by tao  at 00:27Comments(0)実家の父の話

2007年04月01日

しんどくて動けない時

しんどうて、動けない時ありますよね。
そんな時、どないしたはりますか。

もちろん、睡眠不足とか休養で解決するものもありますやろね。
けど、それができるんやったら、苦労せえへんというところです。

私は、お医者さんで戴くビタミン剤がけっこう優れものだと思います。
ビタメジンというものでB1.B6.B12が入っています。
しんどい時は、三回のんでもええと言われています。

それでも、動けへん時、私は眠い時用の、ミントのきついガムを噛みます。
ブラックガムの効果で、けっこう、動く気になるものです。

あと、香りも効きます。
自分の好きな香りを調べて使うことです。
寝れそうもないときにも使えます。
個人的に役に立てばいいのですから、早い話百均のでもいいわけです。

心が欝っぽい時は、手を温かいお湯に浸けるのもいいそうです
他に何かいい方法があれば、教えてください。  


Posted by tao  at 22:53Comments(2)介護生活