京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2006年12月18日

年内最後の休日

今日は、今年最後の休日でした。あとは、睡眠時間がドンドン短くなって歳末になだれ込みます。

午前中にお歳暮を持って行ったり、髪の毛を切ったりしました。昼食を済ませてから、母の車椅子の選定に業者の方が来て下さり、色々お話をしました。

とにかく、ディサービスの送迎の車に乗れること狭いワンルームの玄関のドアを閉めたままで車椅子を広げられないといけないこと(母が寒がるので)、そして、母が快適なこと
どうして車椅子を替えなくてはならないかの直接の原因は、母の車椅子が道のちょっとした凸凹にひっかかり、母が滑り落ちたからです。押されていた方は、母も私も信頼している方で、その方でこうした事故が起こりうるものなら、危険であると判断しました。
母がまっすぐに座る筋力がないため、椅子の力で体を起こしているに近い状態です。ですから、ドンドン滑ってくる、そこからの事故です。母自身も「体あげてんか」としばしば言われるのですが、言われるまでは不安定な状態を辛抱されているわけですから、これは考えなくてはいけません

以前の車椅子は母が元気な頃に買ったものでしたから、合わないのです。今は、きちんと、業者の方に相談してあわせていただいたものを用意するべきだと思いました。
ですから、車椅子のフィッティングは、ディサービスに行っていただいて、そこで母に意見を聞いてもらう事をお願いしました。

車椅子の相談が終わると、ミカン一箱自転車に乗せて、グループホームの母の所行きです。
それから、寺町で父のクリスマスプレゼントにデジカメを買いました。父に何か趣味と楽しみを持って欲しいのです。

帰ってからは年賀状作りに専念。PCを替えたら前のソフトがうまく使えず住所録をやり直さなくてはならなかったのですが、内臓のソフトの有名なほうが、欠陥商品みたいで郵便番号を入れて変換を押すとフリーズし、業者のサポートに連絡を取ろうとしてかからないうちに、こんな時期になってしまいました。
とりあえず、死に物狂いで母のほうだけを住所録と年賀状を作りました。もう一つのソフトはうまくいき、やれやれです。やっと出来た年賀状を母のところに持っていったらよく寝てられて見てもらえませんでした。すこし、がっかりです。

ホッとしたところで、父が友人にお世話になったのでお礼の電話をすることにしました。友達には迷惑だろうけど、私にはとてもいい気分転換になりました。ご褒美を自分に上げたところで洗濯物の山に取り組みます。山と明日のディの荷物を抱えて父と母のところに行きます。二人とも穏やかな寝息です。さあ、戻って少しでも自分たちの年賀状をすすめないと。

こうして、最後の休みは終わりつつあります。  


Posted by tao  at 00:16Comments(0)介護生活

2006年12月14日

父の誕生祝

父がここに来て初めてのお誕生日です。風邪気味なこともあり、暖かい部屋にお寿司や中華などを並べて食事しました。

父は母が来ると思い込んでいたようでした。グループホームに居る母は、そうと見れば結構しっかりしているのですが、その母と、割り箸も割れない、おすしも自分で食べれない父と双方面倒見るのは、自信ありません。
母に関しては、まず、母だけで外出をかさね、自信がついてからにしたいと思っています。

お寿司は殆ど手をつけてくれず、中華にいたっては、全く食べてくれませんでしたが、ケーキになると張り切ってハピィ・バスディを唄い、大きなケーキを食べ、コーヒーも飲んでいました。

子供みたいだなと思っていたのですが、翌日鍋を持っていくと、早速に食べ始め、父は冬は暖かいものが良いのだと気が付きました。そして、父は食事そのものは楽しんでくれなかったかもしれないけど、「一家団欒」を楽しんでいたのでした。それが、何よりの誕生祝だったのかもしれません。
  


Posted by tao  at 00:05Comments(0)実家の父の話

2006年12月09日

冬の裸足

この寒いときに母がディサービスから靴下無しで帰ってきました。どうも、私が靴下を入れ忘れたためのようです。
元々はいていた靴下は、入浴のタオルで濡れていたとかです。

どうして、高齢者は、こういうとき文句言われないのかと不思議に思うのですが、普段はあれこれ言われるのに、こういうとき「お嫁さんが入れるのを忘れられたし、仕方ないですね」と言われれば、諦めてしまわれますね。そこはがんばって、なんとか言われたらとおもうのですが。例えば、レッグウォーマーが入っているから、それを靴下代わりにでも出来ると思うんですけどね。

年末でこれからドンドン忙しくなってきます。どんなポカをするやら。そして「あの子も忙しいのやから、しゃあない」と、母が文句も言わずにひどい状態を受け入れないように、気をつけなくては・・・  


Posted by tao  at 00:07Comments(0)母の話

2006年12月08日

高齢者・歯科医行き必須アイテム(かも)

父を歯医者さんに連れて行きだすと、クッションを沢山持っていくと良いらしいのに気が付きました。

背中が曲がっていると、診察台を倒すと、腹筋トレーニングで頭を浮かした状態になるので、倒せません。椅子の状態のままだと、背中が曲がっているので先生はかがみこんで診察しなければならず、暗いし、腰を痛められること間違い無しです。

そこで、思いついたのが、クッション。二回目の今日は三つ持って行きましたが、それで、背中の曲がりは上手くカバーできました。
ただ、座位がきちんと保てないので、体が倒れていきます。体をまっすぐに保つためにも、サイドにもクッションがあるといいなと思いました。

これは、床屋さん行きにも使えると思います。  


Posted by tao  at 00:16Comments(0)よい手あります

2006年12月07日

洗濯物の山

これが、一日の父と母の洗濯物です。


さらにベットパットや肌掛け布団、座布団(尿や便汚染)が加わったりします。
畳んでいないと、本当に「山」です。

私か風邪をひいたら、病気になったら、どうなるんだろうかと思うときもあります。  


Posted by tao  at 00:37Comments(0)介護生活

2006年12月04日

自由な外出へ前進

シルバーの方はとてもいい方で、打ち合わせのお電話くださったり、調べてくださったり、本当にいい方にお逢いできてよかったと思っています。
ただ、お忙しい方なので、週に一回しかお願いできず、父はお出でになるのを待ちかねて来られる30分前からマンションの下に下りて待っている始末です。

今日くらしコープさんの方とお逢いできました。
父と三人で話していると、父が単に母の所に行きたいとか言う事だけでなく、自分の義務を果たしたいという気持ちがあるのに気が付きました。養われた存在ではなく、自分の収入を自分のために使うためにも、自分で銀行に行くとかそういった事が大切なのだという事のようです。
私は父を赤ちゃんのようになつてと思っていましたが、そうさせていたのは私自身かも知れません。自立させてあげるためのツールが今まで見つからなかったため、父に依存性が強くなってしまったのでしょう。
又、父は母の所に行くとか自分のしたいことよりも、自分のすべき事と父自身が考える事を、優先すべきだと考えている事もわかりました。

くらしコープの方には、既に介護の枠からは大幅に出ている事から、今のケアに加えるという形は無理なので、今父が受けているケアを整理したい、今の父にとってより良い方向に向けるためには、どのケアを優先すべきか。私は掃除を頑張るより、部屋に閉じ込めないで行きたいところに行かせてあげるのを優先したほうが、今の父にプラスだと思うことなどをお話しました、
これから、暮らしコープさんの入れるときと、ヘルパーさんとの時間の調整等をしていただき、来週待つには、ということです。  


Posted by tao  at 23:32Comments(0)実家の父の話

2006年12月03日

父の外出介助

父をグループホームにいる実家の母の所に行かせてあげたいと思いつつ、シルバー人材の方をお願いすれば、女性だと母が誤解するので上手く行かず、行き詰った私が歩いていると、あるポスターが眼に入りました。「介護ボランティア」の講習ポスターです。
これだ、と思った私があれこれ検索して、「すこやか長寿センター」にメールを書きました。父を引き取るまでの事、こちらの母の事、実家の母の事、私自身では三人に十分な介助がして上げられないこと、そして、なんとか父の外出介助する方をお願いできないかと
センターからお返事を頂、メールのやり取りから、ボランティア団体とNPO団体の六団体を教えていただき、電話を掛けようと思いましたが、一からお話しするのは大変ですし、長い手紙を書いて、メルアドの判るところにはメール、それ以外のところには写真付の手紙を出しました。
お返事はメールでとお願いしたのが悪かったのでしょう。二件のご返事を頂きました。ボランティア協会と、暮らしコープさんでした。ボランティア協会はメンバーが女性が多いことなどもあり、又どうしてボランティアが必要なのかという問いかけに私は答えが出せませんでした
暮らしコープさんは、男性メンバーが三人いらっしゃる事、ヘルパーさんの資格を持っていられることが魅力でお願いする事になり、明日お会いします。調べてみたら、退職者の仕事づくりを兼ねて高齢者の生活支援を行ってきた京都高齢者協同組合なんだそうです。今は期待で一杯です。  


Posted by tao  at 23:38Comments(0)実家の父の話

2006年12月02日

父の歯医者行き

具合の悪い歯がある、歯医者に行きたい。当然の要求ですよね。で、父をどうやったら歯医者に連れて行けるか、考えました。

問題は診察時間までに、私が父を連れて行くのは極めて困難な事。自分が走っていくのも間に合わない位なのに、父を連れて行くのは15-20分は余分にかかりますし、そうでなくても、仕事や洗濯物などで寝る時間がすくないのに、余分な事を入れたら、それは、そのまま自分の睡眠時間を削る事。正直きついです。

で、私的にはいいアイデアが浮かびました。朝のヘルパーさんが帰られるとき、父を近所の歯医者さんに連れて言って頂き、治療が終わったら父が携帯で私に電話し、私が仕事を中断して迎えに行くという勘定です。

治療が終わったと歯医者さん自身からのお電話で、不安が出てきました。迎えに行くと、父はトイレに連れて行って頂き、パッチを上げて頂いている所でした。待合室もオールインのワンルームの診察台には次の患者さんが、待合室には待っている方があり、私はあせりました。
助手も受付の方もいらっしゃらないので、先生が全てなさっており、まず先生にお礼とお詫びを言って、父にどうして一人でトイレに行かないのだと言ったら、先生が「そんな事言うもんじゃない。あんたも、その年になれば判ります」と叱られました。

それからは、父は甘え放題。上着もどうして着たらいいのか判らないといい、全く自分で立ち上がろうともしません。自分の部屋でヘルパーさんに言われて掃除機を掛けたり、食器を台所まで運んで洗ったりしているとは、初対面の方には見えないでしょう。

父的には見知らぬ人ばかりでも、私にはご近所の方ばかりの中。凄く勇気が要りましたが、最低限の介助しかしませんでした。「上着のどこから手を入れたら着れるのか、考える事、やろうとすることがお父ちゃんの頭と体のリハビリだから」と、途中までは一人でやってもらいました。

こういうことはわからない方から観れば、鬼のようだと思われると思います。でも、うちの母は、やってもらって快適だったけど自分で歩けない、起きれない体になってしまったのですから、二度とそういうことは繰り返したくないのです。こちらが着せてあげれば、傍からは優しい娘と思われ、時間も早く済みます。でも、父は普段は一人で着替えを済ませ、ちゃんと着れるのですから。

先生に父は色々愚痴をこぼしたようでした。寒いのに厚着をさせてくれなくて、パジャマだけなので、寒くて夜中に何度も眼を覚まして眠れないと言っていると言われるので、室温は26℃位あり、温室のようで、エアコンに電気じゅうたん、電気フロアマット、ファンヒーター、足元マット、加湿器をつけ、父は暑い肩当付のパジャマにダウンのポンチョを着ているのですけど、話しても聞く耳持たずです。

パッチをはかせないのは、トイレでズボンを下ろすとき二枚だと間に合わないからなんですけど、「私たちとお年よりは違うんですよ。あなたが暑くてもお父さんは違うんです」と決め付けられ、パッチをはかせてあげなさいと言われました。

愚痴は診察台から、待合室に待っていられるご近所さんまで丸聞こえです。父を見知らぬところに一人ぼっちにしたのが、間違いだったんですね。父は耐え切れなかったのです。

でも、ヘルパーさんは病院の入り口までしか連れて行ってくださらないし、今話を進めている外出介助の方にお願いすると、一時間1.600円ですから、この前だと帰るまで三時間掛かっていますから、大変な出費です。これから、どうして行こうかと、今頭を抱えているところです。  


Posted by tao  at 00:05Comments(0)実家の父の話