京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2007年06月04日

コロンブスの卵

母は四月から食事が減ってきていました。

初めは、炊き込みご飯を全然手をつけられなくなりました。
母は炊き込みご飯を上手に作る人だったので、自分なりのこだわりがあるからではと、お話していました。

ですから、食事にほとんど手をつけられなくなっても、献立に問題があったのでは、嫌いなものだつたのではと言う発想しかしませんでした。
けれど、問題ないものでも食べられなくなって行きました。


  » 続きを読む


Posted by tao  at 12:00Comments(0)介護イロハ

2007年05月15日

高齢者のシーティング

私は宇治の「お茶っ人」というサイトにも入っています。
と言っても、全然書けていないのですけど、その中で介護のコミュニティがあり、参加させてもらっています。

プロの方がいろいろ書いてくださっており、その中で「木之瀬研究室」さんのHPを紹介されていました。大変興味深い内容なので、引っ張ってきました。

高齢者のシーティング1
シーティングの役割と普通型車いすの問題点               

東京都立保健科学大学 木之瀬 隆   


http://www.metro-hs.ac.jp/~kinose/koureisya.htm

  » 続きを読む


Posted by tao  at 23:59Comments(0)介護イロハ

2007年04月22日

準寝たきり

生命保険のセールスの方が持って来てくださるチラシ
介護の費用の事が書いてあることが多く「介護していながら、することに追われるのみで、訳の判っていない私にはビックリ」の事が沢山あります。


例えば「寝たきり」という単語。
もし、誰かに「寝たきりですか」と聞かれたなら、
私は自信を持って、父も母も寝たきりではないと返事すると思います。

ところが・・・


「寝たきり」
「屋内でり生活は何らかの介助を要し、日常もベット上での生活が主体であるが、座位を保つ」
または
「一日中ベット上で過ごし、排泄・食事・着替えにおいて介助を要する」



えっ、お母さん、寝たきりに入るの!!



「準寝たきり」
「屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出できない状態」


これって、まさに、父じゃないですか。


正直「えっ、そんなに、いっちゃってるの」とビックリしました。
寝たきり」「準寝たきり」という定義づけに当てはまる二人を、元気にとか、人生を楽しんで欲しいとか思う私の方が、無理な事を願っているんでしょうか。便秘だと心配したり、食欲が無いと騒いでいる私って、人から見れば、判ってないってことなんでしょうか。


でも、たとえ沈みかかっている船でも、私は、水をかい出し続けたい。いいえ、まだ、絶対大丈夫なはず、と思っています。  


Posted by tao  at 01:01Comments(0)介護イロハ

2006年09月13日

介護のhow much

介護にはお金が掛かります。介護度というのは、家族にとって、補助の枠がいくらになるのかが、一番大きい話だと思います。

介護度1 月約174,000円
     2 月約205,000円
     3 月約281,000円  
     4 月約321,000円
     5 月約376,000円  

この枠内で、訪問介護・訪問入浴介護・訪問看護・訪問リハビリ・通所介護・通所リハビリ・福祉用具貸与・短期入所生活介護・短期入所療養介護が受けられ、一割負担で済みます。これを越すと、贅沢という事なのでしょうか、全額負担です。

うちは、ホームヘルパーさんに来ていただき、看護婦さんが週に一回来られて体調を診ていただき、ディサービスに行っています。あと、ベットや机、車椅子を借りています。手押し車だってレンタルできるから、知っていたら買わなかったんですけど。以前は歩行練習に来ていただいていました。ご近所の方では週末にお泊りに行かれる方もありますね。

外に、福祉用具購入費として、年間100,000円、住宅改修費が一住居あたり200,000円の枠があり、これも、この枠内でしたら1割負担で済みます。うちの場合だと、ポータブルトイレはその性格上レンタルが無く、買ったとき使いました。父も母もマンションなので使えませんが、自宅だと、バリアフリーとか手すりとかに住宅改修費は使うみたいですよ。

ケアマネさんはうちが枠から出ているので直ぐに「高くつきますよ」と言われるのですが、「一体どのくらいつくのでしょう。試算表をいくつか出していただくわけには行かないのでしょうか」と言うと顰蹙されます。
介護は途中で止める訳にはいかないものですから、慎重に考えたいし、その上で出来る事はしてあげたいというのが、家族だと思います。きれいごとではありません。各種見積もりを出して検討という、ほかの事では当たり前のことがしてもらえないって事は、なんかヘンだと思います。  


Posted by tao  at 23:43Comments(0)介護イロハ

2006年09月10日

ホームヘルパーさんの仕事

介護の経験のない方は、ホームヘルパーさんが30分単位で動かれる事も判らず、お手伝いさん同様に考えて、長くいてくださり、いろいろな家事もしてくださると思い込まれているのですが、実際は「すぐにお茶をもってきてください」「オムツが全くありません。すぐに買ってきてください」などと用事を言いつけられ、「椅子が使いにくそうです」「ご飯がまずいそうです」など、あれこれ問題提議されて、解決策を考えるのもこちらで、頭も体もしんどい事です。

そこで思ったのは、ホームヘルパーさんは自分のための方ではなくて、父や母をヘルプするための方であるという、至極当たり前の話です。ホームヘルパーさんは、介護する家族のパートナーなんですね。家族が手の届かない部分を受け持ってくださるのであって、おかげで行き届いた介護が出来るという事であると思います。

よく「いいですね。ヘルパーさんが何もかもしてくださって」と言われますが、聞き流しています。経験の無い方に話しても判らない事だし、説明して聞かれるほどに深く考えて言われているわけではないからです。

ホームヘルパーさんの仕事には二種類あります。生活援助身体介護です。
生活援助は調理や洗濯、掃除など日常生活の援助をしてくださるのですが、利用者が独り暮らしや、家族が障害や病気であるとかでないと使えません。料金は身体介護の半分位で、60分からの利用です。
身体介護は、体に直接触れる介護、着替え・入浴・排泄などや、それらを本人が自分でするための見守りも含まれます。これは、30分以上の利用となります。

不思議なのは、自分で歩けない母が、買い物代行をしていただくと、生活援助で安く済むけれど、気分転換・食欲増進のために車椅子で連れて行っていただくと、身体介護になって高くつきます。でも、そのほうが元気になります。
介護制度が基本的に寝たきりにならないためのものだというけれど「このままだと補助の枠をだいぶ出てしまいますよ。安く上げたければ、代行のほうがいいですよ」と以前言われた事があります。こういう矛盾がありますね。
言われたとおりにしていたら、母は寝たきりになっていたでしょう。  


Posted by tao  at 21:41Comments(0)介護イロハ

2006年09月03日

ヘルパーさんイロハ

ヘルパーさんという単語は、一般的になってきましたが、その内容については、良く知られているわけではなく、お手伝いさんと混同されている事も少なくありません。私もそうでした。

まず、支払額ですが、お手伝いさんの平均時給よりヘルパーさんははるかに高いのは確かです。ただし、それが、介護保険の支給限度枠内なら一割負担で来てもらえます。
その代わり、と言うか、してくださる内容に制限があります。基本的には、ケアマネージャーと言われる方がプランを組まれ、それに沿った内容以外のことはしてもらえません。ケアマネにお願いしてしてもらえるようになることもあれば、法律で禁じられていて、なんでもないことなのにと思っても、してもらえないことも沢山あります。

私がビックリしたのが、ニベアなら塗って貰えるのですが、お医者様の薬は駄目らしいのです。爪も切れません。つまり、医療行為にあたるから、らしいです。お医者様に薬を貰いに行っても貰えません。これは、本人に対する直接的なケアではないから、らしいです。
病院に連れて行ってもらえますが、入り口まで、です。その間病院で待つ事には介護保険は適用されませんし、かといって、たとえば独居の母の部屋に戻って掃除すると言うのは、単独で部屋に入るのはヘルパーさんは禁じられているので駄目なのです。
手持ちのお金が無くなったから、下ろしてきて、も
駄目です。これは、判らないでもないですけどね。あくまで、本人の外出に同行して手助けしてもらうと言うことなのですが、本当に天涯孤独で寝たきりの人はどうするんでしょうね。

もっと、不安に思うのが、このごろ新聞に不正受給の話が載っていますが、無資格の方が来られていたのですよねぇ
ヘルパーさんは、年齢とキャリアがまったく関係ない職業です。しかも、選択の余地はないと言っていいです。来ていただいてから激しくクレームをつければ替わって貰える事もありますが、人がいないので無理と言われる事も少なくありません。
又、キャリアについても、不安感を持たせないためもあるのでしょうが、殆ど知らされず、ベテランと言われてキャリア三ヶ月という話もあります。ふつうお手伝いさんなら来て頂くのに履歴書を貰えますが、何もわからない人を家に入れざるを得ない、これは、不思議な事だと思います。資格書の提示もありませんしね。  


Posted by tao  at 12:12Comments(0)介護イロハ